塾講師を目指すには
塾講師を目指す

塾講師になるには、まずは各塾の採用試験に受かる必要があります。ほとんどの塾ではある程度の学歴と採用試験への合格が必要です。条件として、大卒であること、また文系や理系などの筆記試験に受かることが最初の一歩となります。その後、模擬授業を経て、実際に生徒の前で講師をしていくことになりますが、塾によっては模擬授業を繰り返し行うところもあるため、生徒の前に出るまでに時間がかかる場合があります。

それでも塾業界は慢性的に人手不足ですので、積極的にテスト監督や生徒の質問回答業務を依頼されることが多いでしょう。授業のデビュー前に生徒と接することも多いのです。また、塾講師と言っても、専任の講師であるか社員であるかによって仕事内容が大幅に異なります。

塾講師というと生徒に勉強を教えて志望校に合格させるというイメージがありますが、まずは教室に生徒を集めることが必要です。社員であれば、授業以外のほとんどは新規生徒の獲得に時間を費やします。チラシやティッシュを配ってピーアールしたり、チラシやHPを見た保護者からの問い合わせに対応したりします。首都圏などは駅前に様々な塾が集まっていますので、生徒の獲得についてはどの塾も必死です。よって、塾講師の社員は授業力はもちろん、このような営業力が必要となります。

また、同時に多くの専任講師やアルバイト講師を率いていく必要がありますのでリーダーシップが必要です。専任講師やアルバイトにまで営業をさせる塾はあまりないのですが、やっていくのは授業だけではありません。生徒だけでなく保護者と接する機会も多いのです。塾講師に就く前にどういう仕事かをきちんと理解しておく必要があります。


≪≪塾講師に関するピックアップサイト≫≫
塾講師に興味を持った方は、実際の仕事内容を知ることが出来るこちらのサイトも参考にしてみてください。塾講師のアルバイト情報を検索することもできます > 塾講師のアルバイト